無料でGoogleキーワードプランナーを使う方法【2018年版】

,
無料でGoogleキーワードプランナーを使う方法【2018年版】

キーワードプランナーは、SEO対策で必須のキーワードの剪定に使える便利なツールです。使うにはAdWordsに登録しキャンペーン(広告)の設定をする必要があります。今回はこのキーワードプランナーを無料で使えるように登録・設定する手順をお伝えします。

Googleアカウントの取得

キーワードプランナーを利用するためにはGoogleアカウントが必要になります。

Googleアカウントをお持ちでなければ、下のリンクをクリックしてアカウントを作成してください。

 Googleアカウントを作成する

Google AdWordsの登録

Googleアカウントが取得できたら、次はGoogle AdWordsのアカウントを作成します。

まず下のリンクをクリックして、キーワードプランナーのページにアクセスしてください。

 Google AdWordsキーワードプランナー

ビジネスの概要の入力

アクセスしたら、右上の「アカウントを作成」をクリックしてください。

Google AdWords キーワードプランナー

次に、取得したGoogleアカウントのメールアドレスとブログなどのウェブサイトのURLを入力し、続行をクリックします。

Google AdWords申し込み画面1

続行をクリックすると下のようなページに移ります。左上の「AdWords Express を AdWordsと比較」をクリックし、右側の「Google AdWords」を選択します。

Google AdWords設定画面2

Google AdWords設定画面3

キャンペーンを作成する

ここまでくると下のような画面が表示されます。

Google AdWordsキャンペーン作成画面

ここからはキャンペーンの作成です。

予算や支払い方法などを設定していきますが、実際には基本的に支払いは発生しません。
基本はデフォルトの設定で大丈夫な部分が多くなります。

キャンペーンの予算については実際には費用が発生しませんが、もしキャンペーンを停止し忘れたりして料金が発生してしまうといけないので安めに設定しておくことをオススメします。

私は100円に設定しました。

Google AdWordsキャンペーン作成画面2

「2.広告の掲載対象(ターゲット)を選択します」と「3.入札短歌を設定します」は基本的にデフォルト設定のままで大丈夫です。

Google AdWordsキャンペーン作成画面3

Google AdWordsキャンペーン作成画面4

次の「3. 広告を作成します」も実際には表示されないので適当に入力して保存します。

Google AdWordsキャンペーン作成画面5

ここまで入力できたら、保存して次へをクリックします。

Google AdWordsキャンペーン作成画面6

お支払い情報の入力

次はお支払い情報を入力していきます。

Google AdWordsお支払い情報入力画面1

請求先住所の国、タイムゾーンは日本在住であればそのままの設定で大丈夫です。

Google AdWordsお支払い情報入力画面2

アカウントの種類は以下の通りにビジネス、か個人かを選びます。
個人事業主や企業の場合はビジネス、個人的に使用するブログなどの場合は個人を選択します。

名前や住所、連絡先を入力します。

ビジネスを選択した場合は企業名が必要になります。

Google AdWords支払い情報入力画面3

お支払いタイプ、お支払い方法は下の通り設定してください。

Google AdWords支払い情報入力画面4

ここまで入力できたら、「AdWords の利用規約に同意します。」を選択して「保存して広告を作成」をクリックし、完了を押してください。

Google AdWords支払い情報入力画面5

以上でGoogle AdWordsのアカウントの開設は終了です。

(重要)作成したキャンペーンを停止する

次に作成したキャンペーンの停止を行います。

この作業を行わないと料金が発生してしまう可能性があるため注意してください。

管理画面を見るをクリックし、管理画面に移ります。

Google AdWords画面

管理画面に入ったら、左のメニューの「キャンペーン」をクリックして先ほど作成したキャンペーンを表示させます。

表示されている緑の丸をクリックし、キャンペーンを一時停止させてください。

Google AdWords画面2

Google AdWords画面3

キーワードプランナーが使えるようになった!

ここまで設定できればもうキーワードプランナーを使うことができます。

管理画面の右上のスパナのマークをクリックし、キーワードプランナーを選択します。

キーワードプランナー画面

キーワードプランナー画面

あとは自由にキーワードを入力し、検索ボリュームや関連キーワードを調べてください。

キーワードプランナー画面

まとめ

以上、無料でGoogleキーワードプランナーを使うためのGoogle AdWordsの設定方法をお伝えしました。

無料での使用には一部機能の制限もありますが、ざっくりした検索ボリュームをしりたい場合は十分に使うことができます。

ぜひ、SEO対策などに役立ててみてください。

この記事をシェアする